圭輔日記(姫路魂)

 
 
平成30年10月19日
 今、時計の針は、午前3時20分を指してしています。
 先程、朝刊を取りに庭へ出ると真っ暗な中、南の空にオリオン座が輝いていました。
 オリオン座は、冬の星座です。季節は、確実に少しずつ冬へ向かって進んでいますね。(^◇^)
 そして戦いの12月!!
 12月生まれの私の季節がやって来ます!!
 さて、この後、今日もダイスケ&コロスケと散歩した後、田寺の事務所を開けに行き、高丘中学校へ朝の朝の挨拶運動に立つ、私のルーティーンが始まります。(^◇^)
※質の高い学力の充実・向上
 今、姫路市では「小中学校の適正規模・適正配置」について審議中ですが、各学校の中で、「質の高い学力の充実・向上」について、全力で取り組んでいる学校があるのか?疑問です?
 往々にして「総合的に・・・」の言葉でごまかされてしまいがちですが、綺麗事ではなく、小中学校の最も重要な役割と責任の一つは、生徒に「確かな学力」をつけることであるにも係らず、実態は、その言葉がテーブル載るものの掛け声だけで終わっています・・・・。
 今後、「小規模特認校」等についても議論の対象になって来ますが、学校の特色は、目新しい事に取り組む事ではなく、当たり前の事を、当たり前にしっかり取り組み成果を出す事が大切だと思っています!!
 未来を担う姫路の子ども達の為に「姫路の教育」を「ごまかしで」は、決して済ませる事を許してはいけません!!
平成30年10月18日
 今日は、午前7時に朝の挨拶運動に立つ頃には、既に部活動の朝練習を頑張っている生徒達とご指導頂いている顧問の先生の姿があり、頭が下がる思いでした。
 近々、各部活動毎に新人戦があるので、練習の成果が発揮出来る事を願っています!!(^◇^)
 一方、相変わらず、予鈴が鳴ってから登校して来る生徒の多さに問題意識を持っています・・・・。(遅れて来る生徒のほとんどが3年生ですが、中学生生活も残り半年を切っていますので、生活のリズムを取り戻して貰いたいです!!)
 さて、今日も挨拶運動の後、市役所へ登庁し、次回定例会へ向け、こども育成部に関連した内容について、担当者とヒアリングをし、調査依頼をして来ました。
 姫路の幼児教育・保育サービスには、まだまだ問題があるある状態ですから、今後、姫路のこども達や子育て現役保護者を支援する為、問題解決の為、糾して行きたいと思っています!!
 
※不特定多数へ送られたと思われる匿名の告発文
 これまで匿名の告発文をいくつも受け取って来ましたが、今日、またまた自宅に送られて来ました・・・・。
 基本、匿名の告発文は、私自身が匿名の輩によって誹謗中傷された経験から、無責任で全くこ信用出来ませんし、そんな卑怯なやり方に踊らされる事はありません!!
 一方、内容が法律や条例等に抵触するものであれば、事実確認の必要が出て来ます!!
 来年の市長選挙へ向け、誹謗中傷合戦も含め更に激しくなって来るのでしょうね・・・・。
 
平成30年10月17日
 今日は、中間試験二日目の中、朝の挨拶運動で生徒達へ声掛けをして来ました。
 一方、今日の挨拶運動で学校へ来られていた保護者の中に、約4年前、田寺三丁目交差点で朝の挨拶運動をしていた時、ほぼ毎朝、通勤途中に挨拶をさせて頂いていた方が居た事にビックリしました(@_@)(久し振りに会って挨拶が出来て良かったです!!(^◇^))
 一方、今日も予鈴が鳴り終わってから、悠々と登校して来る集団の姿に、空気が緩んで来ている気がしています・・・。保護者の皆さんには、お子さんが自宅を出る時間がギリギリになっていないか?気に掛けて貰いたいですし、先生方には、指導をお願いしたいと思います!!
 さて、今日も朝の挨拶運動の後、市役所へ登庁し、次回定例会へ向けて情報収集及び同僚議員と議会運営について意見交感して来ました。(来月初旬には、文教・子育て委員会の行政視察がありますが、来週は、次回定例会へ向け個人的に「小中学校の適正規模・適正配置」及び「学校給食配膳員の配置」について他都市を調査して来ます。) 
※平成31年度、予算編成に対する会派要望ヒアリング
 今月、29・30・31日には、所属会派、「新しい風ひめじ」の予算要望会があります。
 現職市長が退任する事が前提の中での異例の予算要望会で、このような状況は、想定外です・・・・・。 
 
平成30年10月16日
  今日は、挨拶運動前の地域の方との井戸端会議に10分遅刻して、6時50分に高丘中学校に到着し、5、6分お話させて貰った後、朝の挨拶運動に立ち、今日から中間試験が始まったので「ガンバレー!!(^◇^)」と生徒達を激励して来ました。
 そんな中、剣道部OBの3年生が出会った通行人に「おはようございます!!」と挨拶をしながら登校して来る様子が目に入り、嬉しい気持ちになれました。(^◇^)
 さて、今日も挨拶運動の後、市役所に登庁し、次回定例会及び議会運営について情報収集をして来ました。(市立学校園へのエアコン設置や幼児教育・保育の無償化の無償化に対する対応が後手後手に回っている姫路市ですが、結果として不利益を被るのは、子ども達や子育て世代の保護者です。新たに市政を担う人物にとって、石見氏が解決せずに遺して行く宿題の一つになりそうです・・・。)
 
※市長候補予定者?
 挨拶運動の後、市役所へ向かう途中、国道2号線の歩道をママチャリに乗って走る市長候補予定者?を目撃しました。
 今後の展開がどうなるかについては、私がどうこう言えませんが、これまでの市長立候補予定者の中で、ママチャリの走行距離は、彼の右に出る者は居ないでしょうし、姫路の町を隅から隅まで走り抜き、知り尽くしている人物は居ないと断言出来ると思います!!
 
平成30年10月15日
 今日は、早朝よりダイスケ&コロスケと約1時間散歩して一日がスタートしました。(^◇^)
 その後、朝の挨拶運動に立ち、明日から中間試験の生徒達を激励して来ました。
 一方、先日も日記に書きましたが、予鈴が鳴ってから平気な顔をして登校して来る生徒が目立ち、その顔触れはいつもほぼ同様です・・・・。少しずつ緩みが出て来ていないか、非常に心配です・・・。
 さて、今日も挨拶運動の後、市役所へ登庁し、次回定例会へ向けた情報収集及び幼児教育・保育の無償化による現場への影響についてヒアリングをして来ました。
 また次回定例会までに、ぶらっと久し振りに兵庫県庁へ行ってみようと思っています!!
※兵庫県教育委員会
 兵庫県教育委員会では、教職員の不祥事が続発している事を受けて立て続けに「綱紀粛正及び服務規律の確保について」を「教職員向け」に発信していますが、全く効果が出ていません!!
 一方、教職員の不祥事の問題について所管の兵庫県議会文教常任委員会の会議録を見る限り県議が糾した形跡が無く、全く理解出来ません・・・・。
 本来、再発防止へ向けた取り組み等、厳しい追及があってしかるべきです!! 
平成30年10月14日
 今日は、昼前に妻に駅前まで送って貰い、秋晴れの中、大手前通りや姫路城周辺を歩いて来ました。(久し振りに歩いてみると様々な問題点が見えました。)
 そして午後からは、イーグレ姫路で開催された「第8回播磨川柳大会」の開会式へ出席して来ました。
 「播磨川柳大会」の開会式では、喜寿を迎えられた主催者の挨拶の中で歴史教育に対する苦言がありました。
 その言葉を戦後70年余りの時が経ち、年を追う毎に戦争体験者がどんどん減って行く事が今後、日本の進むべき方向にも大きく影響を与える事への危惧を持たれている思いとして私は受け止めました。
 私も少なからず、姫路の教育に係る一人として、姫路市立学校・園での「平和教育」の取り組みに力を入れるよう、取り組んで行きたいと思っています!!(その意味においても、市立高校の中で、琴丘高校・飾磨高校が修学旅行先を沖縄である一方で姫路高校だけが何故?台湾なのか全く理解出来ません!!)
 一方、今日は、来年の姫路市長選挙の立候補予定者について、市民の方から「市長が後継指名をしない?と言いながら、耳にする行動が一致していないのは何故?」と尋ねられ、私が石見氏の気持ちや、どんな行動をしているのか分かる訳がない為、返答に困りました・・・・。(-_-;) 
 賢明な市民は、「矛盾」について厳しい目で見ている事を改めて認識させられました。
 さて、夕方には、妻とダイスケ&コロスケと一緒に揖保川の河川敷を散歩した後、夢前の妻の実家へ寄って来ました。(^◇^)
※市政への関心
 今日の神戸新聞朝刊の姫路版に姫路市議会への批判的な記事が掲載されていました。
 本会議での議案等に対する各会派及び議員の判断が公表されていない旨の内容で、確かに指摘されている通り姫路市議会基本条例からも問題がある一方で、地方議会においては、国会と違い与党・野党がハッキリと線引きがある訳でもなく、現実は、ほぼほぼオール与党会派的な議会運営となっています。
 そのような中、私は「姫路市まちづくりと自治の条例」議案等に反対して来ましたが、市民の皆さんにもっともっと市政に関心を持って頂けるよう、これまで以上に自らの考えを発信して行かなければならないと思っています!!
 そして今後は、「二元代表制」の中で存在感のある議員となれるよう、頑張って行きたいと思っています!! 
平成30年10月13日
 今日は、早朝より粗大ゴミをステーションに捨てに行き、午前中は、「姫路市立高岡保育所」の運動会へ出席して来ました。
 高岡保育所の成り立ちは、昭和40年代当初、吉田市政がスタートした時期に私の父を中心に地域の母親達が背中に子どもを背負って、姫路市役所市長室へ詰め掛け直談判して実現出来た歴史を持つ保育所で、昭和43年に保育所が完成してより、半世紀に亘り地域福祉の一翼を担って来ました。 
 そして、半世紀の間には、保育需要の高まりから施設の増設が繰り返されて来ましたが、建設時から30年以上が経過し老朽化から私達の要望によって建て替え計画が進み、平成16年、市立保育所の一番バッターとして建て替えが完了し、現在に至ります。
 個人的に高岡保育所は、私自身も幼少期、お世話になり、私の三人の子ども達もお世話になりました。また平成16年の建て替えに関わっただけでなく、私が市政へ参画するきっかけとなった、思い入れの強い施設です!!
 さて、今日は、素晴らしい秋晴れの運動会日和の中、半日の限られた一時ですが楽しい時間を過ごせました。(^◇^)
 一方、子ど達が頑張る姿を見ながら、就学前教育を担う施設としての課題を考えて来ました。
 今後、幼児教育・保育の無償化に伴うサービスの向上によって、市立幼稚園と保育所のあり方を考え直す必要が出て来るはずで、私自身ももっともっと勉強しなければ!!と改めて感じさせられました。
 午後からは、妻と一緒に「だるま屋 山吹店」でトンカツを食べた後、たつの市から姫路市北部周辺を巡回して来ました。(^◇^)
※北九州市議会の海外視察
 姫路市議会においては、私が議会へ送って頂く前までは、海外姉妹都市への海外視察が普通に行われていたようですが、それ以降、現在までは、行われていません。
 一方、平成27年、私が議会改革協議会の副会長として議員の出張旅費等に改善に取り組んでいた時には、海外視察について「復活」の声があった事は事実ですが、私は一貫して議員の「海外視察」は、必要ではないと主張して来ました。
 一国会議員が「海外視察」する事もどうかと思いますが、地方議員が「海外視察」をして何を得て来るのか非常に疑問です!!
 結果として、北九州市議会の一部の議員が物見遊山まがいの海外視察を民放が5日の番組で放送した事で大問題になったようですが、公費を使わせて頂いて視察をしている事を忘れてしまっては、議員としての資質に欠けると批判を受けても仕方がありません!!
 現在、私は、市長が夫人を伴って海外視察する必要性について本会議で糾し、次回定例会で再度、追及する予定ですが、成果が曖昧なものは、鼻からするべきではありません!!
 ちなみに市長が海外視察する場合、夫人の同伴を実施している時自体は、政令市で約1割、中核市でも約3割に留まり、石見氏が言う「聞くに堪えない時代遅れの質問」どころか、石見氏が「時代遅れ」である事を自ら認めた情けない本会議の答弁で、この議員の質問を制止させるような不適切な発言に対し、議事の整理権を持つ議長が何も言えなかった事は、情けなく姫路市議会の値打ちを下げたもの以外の何ものでもありません!!
 いずれにしても、私費で行くのは勝手ですが、公費による議員の海外視察は、必要がありません!!(公費による海外視察は、国会議員のしかるべき立場の人物に限るべきで、それも客席は、エコノミークラスで十分です!!)
平成30年10月12日
 今日は、グッと一気に気温が下がり肌寒い中、朝の挨拶運動に立って生徒達へ声掛けをして来ました。(ここのところ風邪の予防か?マスクをして登校して来る生徒が目立つようになっています)
 そして今日は、久し振りに自転車で市役所へ登庁して来ましたが、風が冷たく「寒ぶ!!(>_<)」って思いながらも、市役所へ到着する頃には、薄っすらと汗を掻いていました。
 さて、今日も次回定例会へ向けた情報収集をして来ました。
 情報収集の中で、興味深い数字として、文部科学省が公表している資料によると 「わいせつ行為等に係る懲戒処分等の状況一覧(教育職員)」(平成19年~28年の10年間)で全国の懲戒処分を受けた教育職員の数は、1,663人(内、免職1,087人)兵庫県内では、懲戒処分を受けた教育職員の数は、60人(内、免職30人)もの数に及んでいます。
 一方、全国で免職になった教育職員が1,663人もいる中で、監督責任を問われる管理職が懲戒処分を受けた数は、163人と免職職員の1割に留まり、 訓告等の処分も受けずに済んだケースも多くある事に驚かされます!!
 確かにそれぞれのケースによって背景が違う為、全てを一括りにして評価は出来ませんが、教育現場の甘い処分が見て取れると思うのは私だけでしょうか?
 また、懲戒処分と刑罰について、日本国憲法第39条に定める二重の処罰を禁止する規定との関係から、懲戒処分と刑罰を併せて科す事が出来るかが問題となるとの考えもあるようですが、この点について、懲戒処分は、任命権者の懲戒権に基づく行政処分であり、国家の一般的統治権に基づき、公共の秩序維持の為に科する刑罰を併課する事は差し支えないとされています。
 このことから、免職になった教育職員の中で、どれだけの数が刑罰を受けているのか、更に調査を続けたいと思っています!!(被害者が生徒である場合、被害者に代わって、教育委員会が刑事告発する仕組みづくりが必要です!!)
 教育職員による性犯罪は、決して許されるものではなく、仮にその対象が生徒であれば尚更です!!
 姫路市民の皆さん、姫路の子ども達を性犯罪から守る為、姫路の教育にもっともっと関心を持って下さい!!宜しくお願い致します!!
※議長の資質
 市議会を代表する?議長の役割とは何なんでしょうか?
 ここのところ議長の資質について、考えさせられています・・・。
 またこの件については、近い内に答が出せれば良いと思っています!!
 
平成30年10月11日
 今日も時折小雨の降る中、中間試験前の高丘中学校へ朝の挨拶運動に立ち生徒達へ声掛けをして来ました。
 そんな中、衣替えの移行時期な男子の学生服、女子のセーラー服姿が増えて来ましたが、男子は、第一ボタンの開襟、女子はスカーフをせずに登校して来る生徒が目立ちます・・・・。
 また8時15分の予鈴が鳴ってから登校して来る生徒が増えています・・・・。
 何となく生徒の空気が緩んで来ている気がします・・・・。
 さて、今日も挨拶運動の後、市役所へ登庁し、次回定例会へ向けた情報収集をして来ました。
 一方、昨日、来月、11月9日に「第4回姫路市立小中学校適正規模・適正配置審議会」が開催される案内を貰いましたが、来月のこの日程は、「小中学校の適正規模・適正配置」の調査項目等で「文教・子育て委員会」の行政視察と重なっている為、「文教・子育て委員会」に所属する委員は全て傍聴する事が出来ません!!
 議会はあくまで「公務優先」の為、傍聴出来ない事は仕方がありませんが、今後の姫路の教育環境に大きく影響を与える審議の為、生のやり取りを感じる事が出来ない事は非常に問題がある為、教育委員会事務局には、議会事務局調査課より音声データーの提供を依頼して貰う事にしました。
 今後、この調査項目では、私個人の視察を計画しています。
※教員の不祥事
 テレビ・新聞等で度々報道される教員の不祥事・・・・。
 不祥事の内容は様々で教員が熱心さの余り、不祥事を起こしてしまう事がある一方で、教員による生徒へのわいせつ行為等、許し難い性犯罪行為があるのも事実で増加傾向にあるとの統計も出ています・・・。
 一方、姫路市立小中学校の教員は、県費職員である為、不祥事に対する処分の権限は兵庫県教育委員会である事は、仕方がありませんが、仮に不祥事が起きた場合、再発防止へ向けた取り組みは、兵庫県教育委員会にあるのか?、姫路市教育委員会にあるのか?、疑問です!!
 議会事務局調査課を通じて兵庫県議会の文教常任員会の会議録を確認したところ、わいせつ行為等で処分されているケースがあるにも関わらず、事務局からの報告があるものの全くと言って良いい程、県議会議員からの再発防止へ向けた発言が見受けられず、「兵庫県議会議員は、何しとるねん!!仕事をしとるんか!!?」と言いたくなる状態です!!
 また、犯罪行為であるにも関わらず、内部の懲戒処分等だけで済まされ、刑事事件として発展している例が無い事にも疑問を持ちます!!
 本来、子どもを守る為の教育委員会事務局が、組織を守る事に終始しているように見えて仕方がありません!!
 仮に姫路市でこのような事案が発生した時は、被害者に代わって刑事告発をし、非違行為のあった教員に刑事処分の厳罰を与える取り組みが必要です!!
 今年5月末には、兵庫県南部の学校での事案として兵庫県教育委員会が懲戒処分を下した旨の報道がありましたが、姫路市内の学校でない事を願います・・・・。
 姫路市民の皆さん、身近な地域の学校で市民の皆さんに知らされていない問題が発生しているかも知れません!!
 姫路の子ども達を卑劣な性犯罪行為から守る為にも、もっともっと姫路の教育に関心を持って下さい!!宜しくお願い致します!!
 
平成30年10月10日
 今日は、どんより曇り空で時折小雨がぱらつく中、朝の挨拶運動へ行って来ました。
 そんな中、挨拶運動に立った7時頃からノー部活デー?で部活動の朝練習もお休みでしたが陸上部の生徒が黙々と学校の周囲をランニングし自主トレする姿を目にしました。
 先日、この生徒の保護者と話をする機会があり「本人が来年は絶対、全国大会へ行く!!と言っています!!」との決意を聞いていましたので、影の努力の積み重ねが形になってくれる事を私も心から願っています!!(^◇^)
 さて、今日も挨拶運動の後、市役所へ登庁し、次回定例会へ向け情報収集をし、その後、市民相談への対応の為、学校現場で情報収集して来ました。
※兵庫県教育委員会事務局と姫路市教育委員会事務局
 姫路市教育委員会事務局と姫路市教育委員会事務局との関係は、兵庫県教育委員会「姫路支部」と呼ばれても仕方がない関係です。
 姫路市の市立小中学校に勤務する教員は、県費職員の為、教員の採用を含め人事権等に関する事項は全て兵庫県教育委員会事務局に支配されていると言っても過言ではありません!! 
 沖縄県で駐留米軍の兵士が事件を起こした場合、「日米地位協定」の壁で沖縄県警の捜査に限界がある事を不満に思う国民は多いと思いますが、兵庫県と姫路市の関係はそれに近いものがあるのかも知れません!!
 姫路市立小中学校に勤務する教員が起こした大問題に対し、姫路市民が知らされない情報があるとすれば、決して許す事が出来ない大問題です!!
 私は、兵庫県教育委員会事務局及び姫路市教育委員会事務局の「隠蔽体質」を糾す為、これからも、とことん徹底的に闘って行きます!!
 姫路市民の皆さん、姫路市教育委員会は、皆さんの大切な税金で運営されています!!
 姫路の子ども達を守る為に、もっともっと姫路の教育行政に関心を持って下さい!!宜しくお願い致します!!
平成30年10月 9日
 今日は、朝の挨拶運動の後、市役所へ登庁し「文教・子育て委員会」所管事項に対する市民相談も含め担当課とヒアリングして来ました。
 その内、県教委・市教委が生徒保護等を理由に闇に葬り議会へも報告されなかった事件について、次回定例会で糾して行きたいと思っています!! (私には、決して許せない理由があります!!)
 そして、自らの都合で情報をコントロールする兵庫県及び姫路市の教育委員会事務局は、完全に腐ってます!!
 姫路市民の皆さん、もっともっと姫路の教育行政に関心を持って下さい!!宜しくお願い致します!!
※本会議 
 昨日、姫路市スポーツ祭の会場で、私の9月の本会議質問をケーブルTVで見られた方に声を掛けられ、激励して頂きました。(^◇^)
 これからも与えられた残りの任期を無駄にする事なく「コツコツ真面目に一直線!!」をモットーに姫路市政を糾して行きます!!
平成30年10月 8日
 今日は、秋晴れの中、早朝より「第53回姫路市スポーツ祭」へ出席する為、姫路市立陸上競技場(ウィンク陸上競技場)へ行って来ました。
 姫路市スポーツ祭は、姫路市体育協会所属の全ての団体が集結する年に一回の大イベントで、このお祭りの内容について、これまで担当課へいくつかの改善点を指摘して来ましたが、まだまだ実現には至っていません・・・・。(現状は、単に功労者・優秀選手及び優秀指導者の表彰式と演武等で、「祭」の言葉に適っていませんので、今後も引き続き多くの一般市民の皆さんにも参加して頂けるような取り組みになるよう要望して行きたいと思っています!!)
 そして、今日、表彰された皆さんは、各団体において、素晴らしい実績を残された方々な訳ですが、中学校の部活動の指導者が生徒へ与える影響は大きく、今日も会場で久し振りにお会いした高丘中学校の陸上部でお世話になり、現在、姫路市体育協会副会長としてご活躍頂いている先生もそうでしたが、指導者との出会いが生徒の人生を大きく変える程の影響を与えて頂き、本当に感謝しています。
 真面目に生徒達と向き合い恩師と呼べる指導者(教員)がいる一方、非常に残念で怒りまで覚えるケースもありますが、これとは、真逆の影響を与える指導者(教員)がいる事も事実です・・・・。
 今後、生徒達の人生が狂わされ泣き寝入りすることの無いよう、徹底的に現場をチェックして行かなくてはならないと思っています!!
 姫路市民の皆さん、どんな些細な事でも結構ですので情報がありましたら、お一報頂けるよう宜しくお願い致します!!
平成30年10月 7日
 昨日、今日と地元神社の秋祭りへ参加して来ました。
 昨日は、心配していたお天気でしたが、時折吹く強風で砂埃が舞って大変であったものの、雨が降らずに助かりました。(^◇^)
 一方、今日は、気温が高いだけでなく、日差しがきつくて、真っ黒クロスケになってしまいました・・・・(>_<)
 今年も秋祭りが無事に終わり、普段話をする機会の無い地域の皆さんと話も出来て良かったですが、来週は、既に来ている筋肉痛で苦しめられそうです・・・・(>_<)
※調査
 来週、調査をする案件が出て来ました!!
 
平成30年10月 5日
 今日は、朝の挨拶運動の後、午前中は、市民相談及び度々、災害情報が出る辻井9丁目の現場の様子を見て来ました。
 その後、午後から市役所へ登庁し、午前中受けた市民相談内容への対応と次回定例会へ向けた情報収集をして来ました。
※公職選挙法第136条の2関係
 ・公務員等の地位利用による選挙運動の禁止
 ・公務委員等の地位利用による選挙運動類似行為の禁止
 
 補助金及び要望等、行政と密接な関係にある各種団体。
 その中でも自治会との関係は、最も大きなものであり、自治会は、地方自治の基礎となる組織であるといっても過言ではありません。
 一方、行政と密接な関係にある自治会をはじめとする各種団体に対し、公務員等がその地位を利用して特定の候補者への支援を依頼する行為は、公職選挙法136条の2に抵触する恐れがあり、公務委員等には、市長も含まれます。
 公正公平で明るい選挙を実現する為、選挙に対する市民の関心が高まる事を心から期待しています!! 
平成30年10月 4日
 今日も朝の挨拶運動の後、市役所へ登庁し、次回定例会へ向けた情報収集をして来ました。
 一方、現在、附属機関を設置して審議されている「姫路市立小中学校の適正規模・適正配置」について、委員に提供される情報に合理的な根拠に基づかない感覚的なものがある事に疑問を持っています。
 審議会の結果によっては、今後の姫路の教育現場の環境を大きく影響を与える審議内容なだけに、合理的な根拠に基づくデーターの提供を求めて行きたいと思っています!! 
 また、過小規模の小学校での取り組みが期待されている「小規模特認校」だけではなく、中学校の適正規模についてもしっかり議論し、中学校の教育環境が改善せず、問題が棚上げにならないよう姫路の教育行政を糾して行きたいと思っています!!
 一方、来月、姫路市立姫路高等学校が台湾へ修学旅行へ行きます。この取り組みは、現教育長が同校の学校長であった際に修学旅行先を沖縄から台湾へ変更したようで、これまで文教・子育て委員会でも変更の経緯や目的及び成果等を糾して来ましたが、まだまだ理解に苦しむ事が多く、様々なリスクがある中、敢えて海外へ修学旅行へ行く必要性が理解出来ません!!
 国内には、東北をはじめ、大災害によって観光客が被災前に戻っていない地域は沢山ありますし、平和教育には、盛岡市の先人教育から学ぶべきものはいくらでもあります!!
 平和教育の推進は、市立高校であるがゆえの最も大きな責任の一つであると思います!!
 今後も市立三校の修学旅行先については、注視していきたいと思っています!!
 現在、市立三校の就学旅行先は、姫路高校、台湾、琴丘高校、沖縄、飾磨高校、沖縄となってます。
※姫路市議会
 姫路市議会は、「二元代表制」が機能しているのか?馴れ合いになっていないか?
 今後、姫路市議会が自ら評価を下げる事が無いよう、私は私なりの方法で、姫路市議会の改革が進むよう、しっかりと取り組む決意です!!
 
平成30年10月 3日
 昨日は、朝の挨拶運動の後、市役所へ登庁し、議会運営委員会を傍聴して来ました。(議会運営委員会でのやり取りの中で、不十分かつ不確かな内容があったので、後日確認したいと思っています。)
 その後、次回定例会へ向け依頼していた調査事項について、興味深い結果が出ましたので、今後、更に調査を深めたいと思っています。(^◇^)
 そして、今日も朝の挨拶運動へ行って来ましたが、今日は残念な事がありました・・・・。
 一人の生徒が横断歩道の手前まで小走りで来た際、左右から車が接近して来ていた為、私が横断しようとした生徒を制止しましたが、制止を降り切って横断し、非常に危険な事がありました・・・・。その生徒は、別のルートから登校して来た同級生と合流したかったのでしょうが、一つ間違えたら大事故に繋がっただけに、生徒が無理矢理横断した際、厳しく指導し、生徒も「すみません・・」と反省してましたが、事故になっていたかと考えると怖い思いになり、非常に残念でした・・・・。(これまでも注意力散漫の状態で登校して来る生徒がドキッとさせる事はありましたが・・・・。)
 また今日、挨拶運動へ参加されていた保護者の方とお話をさせて頂いた件で、学校の対応に疑問を感じる点がありました・・・・。???
 一方、この時期、教育実習生?と思われる学生らしき人物が、気持ちの良い挨拶をしてくれた事で嫌な思いをした後の心が少し癒されました。
 さて、今日は、平成30年第3回定例会最終日で挨拶運動の後、市役所へ登庁し、本会議へ出席して来ました。
 今定例会では、本会議において石見氏の「印象操作」によって不十分な追及になった点があった為、本会議終了後、石見氏が会派控室へ挨拶回りに来た際、私の方から「また本会議でやりましょうね!!(^◇^)」と石見氏へ声を掛けて来ました。(^◇^)
 まだまだ闘いは、終わりません!!
 その後、今定例会の本会議の理事者答弁内容で、合点がいかない件に関し、担当課よりヒアリングをしましたが、「公の責任の明確化」の観点から市の対応に十分納得が行きませんでしたので、今後、この件についても深めて行きたいと思っています。
平成30年10月 1日
 今日は、午前6時半に高丘中学校の校門前に行き、昨日、下ろした幟を元通りにした後、朝の挨拶運動で生徒達へ声掛けをして来ました。
 今日は、挨拶運動の後、京都市左京区にある私の母方の祖母の実家のお墓参りに行って来ました。
 私から見れば、曾祖父、曾祖母が眠るお墓を50歳にして初めてお参り出来て、何か歴史を感じる本当に良い一日でした。(^◇^)
 墓地の直ぐ側には、京都産業大学があり、道行く学生の多さに「学生の街」京都らしさを肌で感じました。(^◇^)
 夕方には、姫路へ戻って来て、地元神社の秋祭りの提灯建てに参加して来ました。 
 
平成30年 9月30日
 9月最終日の今日は、早朝よりダイスケ&コロスケと散歩して一日がスタートしました。(^◇^)
 一方、地元神社の秋祭りの提灯建てが台風24号の接近で、中止になり明日の夕方に延期されました・・・。
 そんな中、私は、午前中に高丘中学校へ行き、先日、10本の幟が新しく取り付けられたばかりでしたので、暴風で幟が破れないように、ポールを下げて来ました。(また明日の朝、挨拶運動の前に元に戻します。)
 今後、台風が通り過ぎる日付が変わる頃までは、厳重な注意が必要です。(-_-;)
 さて、昨日、開会式がありました福井県で開催されている「第72回国民体育大会」ですが、剣道競技は、今日から来月2日までの日程で熱戦が繰り広げられます。
 是非、兵庫チームには、頑張って貰いたいと思っています。(チームのメンバーの中には、息子の高校・大学の先輩も出場しています。)
 また、福井国体へは、先日の高丘中学校体育大会でも紹介がありましたが、高丘中学校3年生女子生徒が陸上競技で出場しますので、兵庫代表として頑張って貰いたいです!!(^◇^)
 
※本会議
 私の姫路市議会議員としての任期も残り、約7ヵ月となりました。
 本会議も次回、平成30年第4回定例会、次々回、平成31年第1回定例会の二回のみとなりました。
 会派の配慮を頂き調整の結果、残りの二回続けて限られた時間ではありますが、本会議で市政を糾す機会を頂き、感謝しています。
 今後、今期に悔いが残らないよう、しっかりと取り組みたいと思っています!!
平成30年 9月29日
 今日は、お天気予報では午前2時過ぎには本降りになるようでしたので、午前1時過ぎから約1時間、小雨の降る中、ダイスケ&コロスケと散歩をして来ました。
 散歩の途中で、自宅近くにある会社の前でパトカーが数台赤色灯を点灯して並んでいたので、警官に「事故ですか?」と尋ねましたが、事故ではなかったようでしたが・・・?何があったのか?少し気になりました・・・・。
 さて、今日は、「神戸市内高等学校剣道大会 兼 県新人大会神戸地区予選大会」が兵庫県立工業高等学校で開催され、当初の予定を変更して、男女共に個人戦が執り行われました。
 滝川第二高校の結果は、神戸地区の強豪校が集う中、残念ながら優勝は逃しましたが、1年生女子が3位、2年生男子が、準優勝、3位と善戦してくれました。(11月の県新人大会の個人戦には、女子3人、男子が4人出場する事になりました。)
 一方、明日の団体戦は、台風24号の接近に伴う影響から中止になりました・・・。(過去に中止になった事があったのか?非常に残念ですが、生徒の安全が第一です!!)
 今後、約1ヵ月先に開催される県新人大会では、来春開催される近畿・全国選抜大会の予選大会を兼ねている為、滝川第二高校には、個人・団体共に優勝を目指して頑張って貰いたいと思っています!!(^◇^)
 ガンバレ!!滝二 剣道部!!(^◇^) 
 
平成30年 9月28日
 今日は、朝の挨拶運動の後、帰宅し事務処理をした後、午前10時に市役所へ登庁し、次回定例会へ向けて情報収集をして来ました。
 併せて、昨日の予算決算委員会で各分科会委員長報告に対する質疑について、明確な回答を調査及び次回定例会へ向けて調査依頼をして来ました。(この度、第1回定例会において平成30年度、また第3回定例会において平成29年度決算について予算予算決算委員会を経験しましたが、現状の運用について、いくつかの改善点があり、しっかりとした審査をする為には、今後の課題であると思っています。)
 さて、私は、二度の本会議において、「夢前学校給食センターが担当する学校・園への給食配膳員配置」について未配置の問題点を糾して来ましたが、予算編成の最高責任者である石見氏は、答弁に立たず他人事の対応に終始し、答弁に立った教育長は、全く的を得ない答弁で何故、平成30年度に予算措置が成されなかったのかについて、市民に対する説明責任を果たしていません!!
 このような状況から、この件に対する予算編成の過程を明らかにする為に公文書公開請求をしましたが、姫路市情報公開条例第7条第4号に該当する事を理由に非公開とする処分を市長及び姫路市教育委員会が出して来ました。
 公文書について条例を盾に非公開とするならば、何故?予算措置が必要でなかったか?の理由について石見氏は、予算編成の最高責任者としての明確な説明責任を果たすべきです!!
 一方、先日の文教・子育て委員会において、この件について糾すと姫路市教育委員会事務局は、2学期の給食に間に合うよう、財政課と協議し、予算の弾力的な運用の観点から、与えられた平成30年度予算の執行残等で対応するとし、夢前学校給食センターが担当する旧安富・夢前町の学校・園へ給食配膳委員を配置すべく給食っ調理委託等請負業者及びシルバー人材センター等に当たったが、人員の確保が出来ていない旨の回答がありました。
 この対応については、部分的に評価出来るものの、未だ人員が確保出来ていない現状を考えると、求人の対応に問題があるようにも思えます。
 市の広報へ求人を出す方法等、いくらでもPRすれば、全くどうにもならない人員数(中学校4校、小学校8校、幼稚園2園)ではないでしょうし、特別な資格が必要でもなく、一日約4時間程度の就業時間で、年間約100万円の報酬であれば、条件も悪い訳ではないはずです!!
 今後、未設置のまま、いたずらに時間を費やすようであれば、非常に問題であると思っています!!
 
平成30年 9月27日
 今日は、朝の挨拶運動の後、市役所へ登庁し、午前中は、予算決算委員会へ出席して来ました。
 そして、午後からは、朝一に現在、工事が進む高岡小学校のプールの改修工事について、埋蔵文化財の調査で工事の行程が遅れる為、平成30年度内の工事完了が無理との報告を受けた件で、教育委員会学校施設課及び道路建設課へ、以前から要望して来た高岡小学校東側の市道へ歩道の確保について、工事の進行を切ることなく、引き続き一体的に歩道整備を要望しました。(生徒の通学路の安全確保及び工事による学校、地域、通行者へ不自由を出来るだけ短縮する必要があります!!)
 一方、本会議における議員の質問を制止する市長の不適切な発言について、再度、議会事務局長を通じて議長へ議会運営委員会での審議の申し入れをして来ました。(市長及び理事者には、反問権は付与されていますが、議員の質問を制止する権利はありません!!)
 今後、この件に対する議会運営委員会の対応によっては、姫路市議会のあり方が問われる事になると思っています!!(議員は、市政を質す権利があり、市長及び理事者は、誠実に答弁に応じる義務があります!!)
 姫路市民の皆さん、もっともっと市政に関心を持って下さい!!宜しくお願い致します!! 
※石見氏の言動
 ここのところ、石見氏の言動に対し、疑義を唱える情報が入って来ますが、任期を無事に全う出来るのか非常に心配になるのは、私だけでしょうか?・・・。(-_-;)
 
平成30年 9月26日
 今日は、朝の挨拶運動の後、午前中は、秋祭りに備えて、田寺の事務所周りの草刈をして来ました。
 その後、自宅へ帰り事務作業をした後、午後2時半過ぎに市役所へ登庁し、市民相談んへの対応をした後、今日、開催された議会運営委員会で議長に申し入れをしていた件について議会事務局長に対応について報告を貰いましたが、結果としてこの度の議運では、申し入れの件について、議長が未だ対応出来なかった事を確認して来ました。
 本会議において、質問する側の議員と答弁する側の市長等が意見の相違から厳しいやり取りになる事は、全く問題無いが、やり取りの中で、議員の質問を制止するような市長の発言は、看過出来ませんし、議員の質問する権利を奪う事にもつながりかねない問題であると思っています。
 一方、正式な手続きによる調査に基づき質問しているにも関わらず、痛いところを突かれた為か?、苦し紛れに「印象操作」との発言が出たことについて、議長を通し撤回を求めましたが、石見氏自身から撤回しない旨の回答を貰っている為、今後、私の質問が印象操作であるかどうかは、賢明な市民に判断を仰ぎたいと思っています。(^◇^)
 しかし、議員の質問を制止するような発言は許せませんし、市長にそのような権利はありません!!
 次回の議会運営委員会は、来月、10月2日(火曜日)午前10時からです!!(^◇^) 
 その後、今日は、文教・子育て委員会での教育委員会事務局の発言について、関係課の考えを確認して来ました。
 石見氏に対し公で市政の問題点を糾す事が出来る機会も残り二度となりました。
 悔いが残らないよう、しっかりと取り組みたいと思っています!!(^◇^)
 姫路市民の皆さん、まだまだ市民に知らされていない事、説明責任が果たされていない事が、あります!!
 新しい時代へ向け、真っ直ぐで正しい姫路市政実現の為、もっともっと市政に関心を持って下さい!!宜しくお願い致します!!
 
平成30年 9月25日
 連休明けの今日は、体育大会の振替休日で高丘中学校は、お休みだったので、朝の挨拶運動もお休みし、午前8時半頃に市役所へ登庁し、市民相談頂いた内容や、先日の文教・子育て委員会でやり取りした件の中で、疑問点についてこども育成部及び教育委員会事務局とヒアリングをして来ました。
 私は、前回、平成30年第2回定例会、本会議にて、「幼児教育・保育の無償化に対する姫路市の課題」を質しましたが、そこで確認した事実は、今後、政府が進める「幼児教育・保育の無償化」が実現した場合、現在、姫路市では、どちらの施設へも就園していない3際児の未就園児が約千人いる事が分かり、この未就園児の受け皿対策が喫緊の課題である事を確認しました。
 一方、姫路市では、この受け皿対策が進んでおらず、早ければ来年の10月には、導入される予定の「幼児教育・保育の無償化」への対応が後手後手になっています!!
 そんな中、姫路市教育委員会事務局では、4・5歳児の二年保育実施の中、新たに3歳児保育について、平成27年度、市立白浜幼稚園で1クラス(20人)平成28年度、市立英賀保幼稚園で1クラス(20人)を試行実施していますが、何故か、その後、平成29・30年度には、3際児保育を広げる動きが止まっています。
 また、平成31年度の入園の案内を見る限り、平成31年度についても白浜・英賀保幼稚園のみ3歳児を募集しておりこの対応に問題意識を持ています!!
 また、試行実施であるならば、何故?白浜・英賀保が対象になったのか?何故?南部地域にのみ試行実施しているのか?等、疑問だらけです!!
 例えば、高岡。安室東幼稚園には、空き保育室があるだけでなく、敢えて多額の公費を投入して施設整備をしているにも関わらず、空き保育室のまま放置されている事は、無駄遣いの何ものでもなく、非常に問題です!!
 石見氏が、「市民の大切なお金を預かっている!!」と豪語するのであれば、早急に空き保育室を活用する為、試行実施であっても結構ですから3歳児保育を拡大すべきです!!
 現在、姫路市では、附属機関として「姫路市子ども・子育て会議」を設置し、姫路市における就学前の子ど達に関する教育・保育等の総合的な提供の推進について審議されていますが、審議会の意見や今後実施されるニーズを把握する為のアンケート調査とは別に教育委員会事務局として粛々と3歳児保育について取り組む必要があります!!
 今後、私は、子育て現役保護者や現場の声を収集し、次回、第4回定例会に臨みたいと思っています!!
 仮に、「幼児教育・保育の無償化」が実施された際、問題となる3歳児保育の受け皿が整備が完了されていないとすれば、「無償化」によって恩恵を受ける家庭と、受けられない家庭が存在する事になってしまい、これまでの待機児童問題よりももっと大きな問題となって発展する可能性があります!!
 姫路市民の皆さん、姫路の教育・保育問題解決の為、もっともっと市政に関心を持って下さい!!宜しくお願い致します!!
 
平成30年 9月24日
 二週続けて兵庫北部へ上がった私ですが、宍粟市内では、旧山崎・一宮・波賀町の小学校で運動会が開催されていて、保護者や地域の皆さんが大勢観戦する様子を見ました。(^◇^)
 運動会は、地域の皆さんにとって楽しみの一つとして定着している事を改めて理解出来る行事だと思います。
 一方、練習時間の減少から限られた条件の中で、現場は頑張っているものの、小学校も中学校も演技種目が限定され、観る側にとっては、少し寂しく物足りなく感じているのは、私だけでは無いと思います・・・・。
 一昨日の高丘中学校の体育大会もほとんど走っている印象でした・・・。(現場が負担になるのかとは思いますが、少し演技内容に工夫が必要であると思います)
 小中学校の運動会・体育大会の演技は、組体操を代表に怪我をする恐れがあるものについて、全国的に取り止めたり、内容を制限したりする等n対応が取られていますが、生徒達の基礎的な運動能力が低下して行かないか?気になるところです・・・。(朝の挨拶運動していて、二学期に入ってから骨折等の怪我をしている生徒が目に付くのが気になりました・・・。)
 現在、小中学校等へのエアコン設置が急がれていますが、猛暑をはじめ異常気象から生徒達の命を守る対策と併せて、「たくましい姫路っ子」を育む為、暑さ寒さのどんな環境に対応出来る適応能力、基礎的な運動能力の向上に力を入れて貰いたいと切に願っています!! 
 さて、今日は、前回、今回と本会議で糾した「夢前学校給食センター」関連の学校給食配膳員の配置について、平成30年7月13日付で行った平成30年度予算要求及び予算査定についての文書の公開請求について、平成30年7月7日付で非公開決定処分を受けた為、平成30年8月31日付で行った「審査請求」(不服申し立て)についての弁明書が姫路市長名で届きました。
 1.処分の内容 2.処分の理由 3.弁明の趣旨 と続き 
 4.本件審査請求に対する弁明(全文)
 条例第7条は、公開の請求があった公文書については公開を原則とし、例外は限定列挙となっており、非公開理由の解釈が厳格でならないことは十分承知しています。
 昨今、姫路市では、市民が直接来庁し、個別具体的な政策・予算措置につき、職員に対して提案・批判する場面が見られます。市民の声に耳を傾けることの必要性、市民に対する説明責任の重要性は十分認識していますが、自己の法的権利・義務に関する事項についてはともかく、それ以上の事項についての過度の干渉・要求は行政事務の効率性を阻害するとともに、不当要求に該当しうる場合さえあります。
 このような状況下で、予算要求及び予算査定に用いる文章が公開されると、外部からの圧力や干渉等により職員が事実上心理的影響を受けた結果、萎縮効果が生まれ、予算編成において、率直な意見の交換や意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるとともに、誤解や憶測に基づき不当に市民の間に混乱を生じさせるおそれがあり、予算編成時に支障が生じる具体的なおそれがあると考えています。
 予算編成課程の透明化については、姫路市においても今後の検討課題であると考えますが、姫路市の現行の予算編成方法では、審査請求人の平成30年7月13日付けの公開請求に係る文書が非公開とならざるを得ないことは、上記「2処分の理由」のとおりです。
 知る権利の重要性を十分認識しつつ、条例第7条が規定する非公開理由を厳格に解釈したうえで、本件処分に関する非公開理由は、条例第7条第4号に該当するものと考えています。
 5.結論
 以上のとおり本件処分は適法・妥当であり、取り消す理由はありません。
 6.添付書類
 なし。
 
 とありました。この弁明の部分で気になるのは、「不当要求」の文言です。
 仮に「不当要求」に該当するような行為があった場合、それが仮に市民であれ、議員であっても厳正に対応すべきもので、予算編成の過程を公開する事で、明らかにしていかなければならない問題です!!(仮に不当要求があるならば、この際、情報公開によって徹底的に根絶させるべきで、現状のような対応では、予算編成の過程で、どのような介入があったのか全く分かりません!!)
 
 私がこの度、追及して来た一番大きな問題点は、姫路市内において、旧安富・夢前町の学校給食だけが、旧姫路市等で運用されている学校給食の衛生管理上の基準が公平に適用されず、明らかに教育サービスに格差を付けたまま放置されて来た事について、予算編成の最高責任者である市長に対し、説明責任を求めたものです!!